最新事情

電子タバコとは一体何?間違えやすい過熱式タバコの違いと害について

投稿日:

電子タバコとは一体なんですか?過熱式タバコとどのように違うのかが気になります。また、健康に対する害などはあるのでしょうか?

1本の電子タバコ

電子タバコは電気の力でフレーバーリキッドといわれる液体を電気力で加熱し、煙を出してすうタバコになります。過熱式タバコは専用につくられたタバコの葉を熱して煙を吸うものであり、煙の量などが少ないという特徴はありますが基本的に紙巻きの一般的なタバコと代わらない面があります。

電子タバコのフレーバーリキッドはニコチンやタールを含まないのが一般的で、紙巻のタバコとは健康への影響がほとんどないのが特徴です。

一般的なタバコよりも過熱式タバコの方がニコチンなどの量も抑えられる場合がありますが、健康に害がある物質が発生することは変わらないからです。

電子タバコという名前はついていますが、煙よりも香りをもち歩くという感覚で使えるアイテムも登場しているのもポイントです。

ファッション性や携帯性にこだわったものが増えていて、バリエーションが豊富になっています。電子タバコはリキッドを入れ替えれば香りを変えられるのも特長になります。

一つの電子タバコで複数の香りを気分に応じて使い分けることが出きるのです。一般的な電子タバコはメンソールの香りが標準になっていますが、フルーツやコーヒーのフレーバーリキッドが用意されているものもあります。

禁煙にだけつかわれるものではなく、アイディアしだいで使い方が広がる部分もあるのです。注意点もあります。電子タバコの中には安全対策のために電源ボタンを複数回押さなければ起動しないものもあるからです。

利用前にしっかりと説明書を読むことをお勧めします。安全対策以外にも、持つ場所が悪いと意図せず電源が切れてしまうのを防ぐ面もあります。

メーカーによって安全や利便性の考え方がかわるため、新しい電子タバコを購入した場合は確認が必要になっているのです。フレーバーだけでなく、コイルなどが消耗部品となっているものもあります。

ユニット式でリキッドごと交換できるようなものもありますが、無理をして使うと煙のたち方が悪くなったり、においがおかしくなるなど不具合の原因にもなります。

-最新事情

Copyright© 人気の電子タバコを教えて!おすすめランキングあり! , 2018 All Rights Reserved.